たけふ菊人形について

菊人形の写真

菊人形の歴史

~たけふ菊人形のはじまり~

越前市の武生地域では、江戸時代のころから、寺院の境内などで菊の品評会が盛んに行われ、もともと菊作りが盛んな土地柄でした。

たけふ菊人形誕生のきっかけは、昭和24年に開催された全国市議会議の会場で、武生市議会の副議長が、既に菊人形で有名だった大阪府枚方市の議長と隣り合わせとなりました。このとき、2人の間で菊人形の話題で盛り上がったことにはじまります。

そして、武生がもともと菊づくりが盛んであったことや、昭和初期の武生には、人口当たりに占める映画館の館数が全国と比較しても多く、市民が娯楽好きで娯楽を求めているという分析の結果、昭和27年に第1回のたけふ菊人形が開催されました。これ以来、市民の皆様の応援のもと、毎年開催され、今年で66回目を迎え、全国でも有名な菊人形展のひとつとして知られています。

~たけふ菊人形の軌跡と展望~

1952年~1971年

第1回当時はトタンぶきの見流館、中古木材で作った芸能館など、今となっては簡単なつくりのもので間に合わせていました。当時の中央公園は夏になると雑草が生い茂り、伸び放題となっていたため、市職員が一斉草刈りを行うのが年中行事となっていました。

第18回からNHK大河ドラマをテーマとした菊人形展示が始まりました。

1972年~2010年

第24回から第35回にかけて、大観覧車やモノレールなど、現在運行している遊具が新設されていきました。また、第29回にOSK日本歌劇団のレビューショーを初開催しました。第26回から第47回までミス菊人形が選ばれるようになり、その後第48回・第49回に男性を含めた式部菊花隊が結成されました。第30回記念でマスコットキャラクター「たけちゃん」、「きくちゃん」が登場しました。

2011年~2016年

2011年の60周年を機に、たけふ菊人形は大きく変化しました。

それまでの菊食堂がフードコートに、物産テントがお土産横丁に変わりました。また、噴水周りにはクマやイルカの形をした菊のトピアリーが登場し、華やかにに変化しました。また、新たなマスコットキャラクターとして「きくりん」が登場したのもこの年です。

そして2016年の65周年を機に、中学生以下の入場料・OSK観劇料が無料になりました。正面には、「きくりんガーデン」が新たに登場し、フォトスポットとして賑わいました。

2017年〜

2017年には、武生中央公園に県内最大級の大型複合遊具を有する市民の広場が新設されます。ますます盛り上がるたけふ菊人形にぜひお越しください。

昭和27年

アヒル

きくりん誕生